« スガモトさん + NSR50 | トップページ | PWK28キャブレターセッティング »

トミンAコース 練習走行

18日(木)、遂にPWK28キャブレター投入!

 ですが、今回は期待し過ぎずにセッティングに専念しようと、いつものトミンモーターランドAコースに向かう。
 ですがですが、ALPHIN森親分(NSR80)が登場したので、セッティング走行なんて勿体無くてしてられない状況に!

 同じ位のスピードで走るライダーとランデブー走行するのは、かなり楽しいし、自分の強み弱みがハッキリする。親分と一緒に走るのは初めてなんで、更にワクワクですup
20101118_mori_yohns_02

 今回、安全の為にかなり濃目でスタートしたつもりなのに、覚悟していたボコツキ・クシャミ・不整脈などの極端な症状が出ない!
(PWK28のセッティングに関しては後で別記事で)
 と言う事で普通に練習走行できてしまった。 ラッキー!
20101118_yohns_tzr125_w72

 まずは久々Aコース走行の親分を追走チェック。
さすがにストレートは自分のTZR125の方が速い。なんせ排気量1.5倍以上。ホームストレート後半は速歩き位の速度差(6・7km/h)を感じる。(小排気量車どうしでのこの差は、かなりのアドバンテージになる)
 ほんの3ヶ月程前の自分の状態だったら、ついて行くのがやっとのペース(28秒台前半コンスタント)だが、チャンバーのセッティングが出てきてからは28秒台は余裕がある。

 しばらく走って親分の合図に従い、今度は前に出て引っ張る番!
 ベテラン同士だと、特別なゼスチャーが無くてもすぐに意思が通じ合うのも、また心地良い。
 28"2→27"8まで徐々にペースを上げて、「森さんベスト更新してくれ~!」と願う。
 こんな気持ちで走るのは久々。
20101118_yohns_tzr125_2w72

 一旦ピットに戻って、気になった点をチョロチョロ調整しながら、横目に親分の走りを見ると、ナント!、1コーナーの進入直前にシフトアップしてる!? そこでのファイナルが合ってないのは明らかだが、それにしても平均的レベルのライダーなら減速体勢に入る位置。
 必要に迫られてと言えども、ある種、本能に反する操作が出来るのは、技術のある証拠だ。

 自分の方はメインジェットを1段絞ったり、冷えすぎてる水温対策でラジエターの導風シュラウドを外したり。親分もファイナルを変えて第2ラウンドへ。

 再度、貸切状態のコースをランデブー走行しながらも、今度は自分に専念して無心でアタック!したいのだが、後の親分がキニナル・・・だってねぇ、俺、必死に走ってんのに全然離せない!タイムも上出来なのに・・・

 そのうち、濃いセッティングの新キャブからの吹き返しが溜まって垂れ出し、ステップやシフトペダルが混合ガスで若干ヌルヌル・・・親分の目前で足が外れてズッコケたりする始末・・・コースや自分のリアタイヤを汚したら危険なのでピットイン。

 で、帰ってきた親分に「ベスト出た?」って聞いたら、何と80のコースレコードタイorレコードと思われる27"82!!・・・やりおる。

 どこで俺と差が詰まるかを聞いたら右ヘアピンでグッと縮まるとの事。
 結構、自信あったコーナー ・・・
 俺が親分に迫れるとこは?  そーです  ストレ→→→トです。

 この日はトータル104ラップ中、ベストラップは27"786
 27"7台 2LAP
 27"8台 7LAP
 27"9台 15LAP
 全体的に前回の自己ベストラップ更新の日から丁度、0.1秒スロー。
 初キャブで、セッティングが詰まって無い中、上出来だ!


 ↓次号記事予告写真
101119_b9egv_2_w60
 キャ~っ bearing


 今回の走行写真は全て森さんの奥様に撮って頂きました。
 すごく上手です。写真ブログ「Photo of my favorite」が開設されてますので要チェック!


 森親分のブログ / 森さんのショップALPHIN


 オートボーイさんのミヤウチ君や、アカオギさんとこのヒロキさんもそうですが、店長自ら走ってノウハウを蓄積してるってのは魅力的ですね。それぞれに得意分野を追求されてます。また彼らを結び付けてるトミンモーターランドの存在価値も大きい!
 彼らが駆動力になって、どんどん楽しい輪がみんなに広がって行きますように。

|

« スガモトさん + NSR50 | トップページ | PWK28キャブレターセッティング »

ライダー仲間」カテゴリの記事

練習走行」カテゴリの記事

コメント

いやほんとお蔭様でといいますか、YOHNSさんが居なかったらタイム出す前に疲れて挫けてたと思います(笑)
また80エンジンの時にご一緒したいですね~。

ストレートエンドでの5速入れは後の高速切り返しで4速吹け切りになるのがロスになるので仕方無くやってます。
もっと最終を上手く乗ればストレートでもっとスピードが乗せられるのかも知れませんね。

YOHNSさんのヘアピンはブレーキングは限界近いと思いますよ。突っ込みを奥まで我慢する分進入で少し大回りになってるんだと思います。でも17inchのTZR125だと12inchと同じ様に曲がれないですからね。マシンの特性の差も有るんでしょう。あまり気にしないほうが良いかも・・・(^^;

あとウチのカメラでYOHNSさんが撮った写真後でメールしますね。
カメラもやっぱり機材とセッティングが大事だと思い知るかも(笑)

投稿: ALPHIN森 | 2010年11月20日 (土) 11:29

先日はお世話になりました。有難うございました。
YOHNSさんは堅実な走りをするのかな・・・と思いきや、結構ホットなところもあったり、見ていて楽しかったです。

今回の撮影は、AコースのコーナーがBに比べて大きいので、なかなか撮影ポイントを絞れなくて・・・
みなさんが走る練習をしている間、私は撮る練習をさせてもらってます。

YOHNSさんが撮った写真、綺麗に撮れてましたよ!
さすが、いつも走行写真を撮ってるからだなあ~と思いました。

リンクはっていただき、有難うございました。また今度よろしくお願いします!

投稿: ALPHIN飛鳥 | 2010年11月20日 (土) 11:46

親分、飛鳥さん、お疲れさまでした。

冬もガンガン走りましょうョ!
自分は冬場の方が仕事が空くので乗りますよ。

で、俺は堅実な走りですよ!親分の様にもっとヒートアップしなければ。1年走って2回しかコケてないのがむしろコンプレックス。内1回はBコースの縁石がどのくらい滑りやすいのかをチェックするのに、ノロノロ走行で全縁石を乗って試してたらコケた!右ヘアピンイン側の縁石は踏んではいけませんよー!ツルツル。

もっと攻めなきゃ。

明るい望遠レンズ、欲しいけど高いんでしょうねー。
まずは連写をマスターします。

投稿: YOHNS | 2010年11月20日 (土) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1414406/37746437

この記事へのトラックバック一覧です: トミンAコース 練習走行:

« スガモトさん + NSR50 | トップページ | PWK28キャブレターセッティング »