« 2012鈴鹿8耐ヤマハ | トップページ | MotoGP R5カタルニア決勝 »

MotoGP R5カタルニア予選

20120602_alvaro_bautista_w
2012 MOTO GP 第5戦 カタルニア
(カタルニヤ/カタルーニャ)
予選 リザルト

順位) ゼッケン ライダー /国籍
チーム (メーカー) トップスピード
ラップタイム/トップとのギャップ

1) 1 Casey STONER /AUS
 Repsol Honda Team (Honda) 334.0
 1'41.295

2) 99 Jorge LORENZO /SPA
 Yamaha Factory Racing (Yamaha) 332.9
 1'41.441 / 0.146

3) 35 Cal CRUTCHLOW /GBR
 Monster Yamaha Tech 3 (Yamaha) 334.6
 1'41.548 / 0.253

4) 11 Ben SPIES /USA
 Yamaha Factory Racing (Yamaha) 332.2
 1'41.552 / 0.257

5) 26 Dani PEDROSA /SPA
 Repsol Honda Team (Honda) 334.4
 1'41.656 / 0.361

6) 4 Andrea DOVIZIOSO /ITA
 Monster Yamaha Tech 3 (Yamaha) 336.0
 1'41.687 / 0.392

7) 69 Nicky HAYDEN /USA
 Ducati Team (Ducati) 332.8
 1'42.029 / 0.734

8) 6 Stefan BRADL /GER
 LCR Honda MotoGP (Honda) 335.1
 1'42.065 / 0.770

9) 46 Valentino ROSSI /ITA
 Ducati Team (Ducati) 338.2
 1'42.175 / 0.880

10) 19 Alvaro BAUTISTA /SPA
 San Carlo Honda Gresini (Honda) 332.8
 1'42.356 / 1.061

11) 8 Hector BARBERA /SPA
 Pramac Racing Team (Ducati) 333.4
 1'42.375 / 1.080

12) 17 Karel ABRAHAM /CZE
 Cardion AB Motoracing (Ducati) 335.3
 1'43.266 / 1.971

13) 14 Randy DE PUNIET /FRA
 Power Electronics Aspar (ART) 320.1
 1'43.500 / 2.205

14) 5 Colin EDWARDS /USA
 NGM Mobile Forward Racing (Suter) 316.1
 1'44.024 ? 2.729

15) 41 Aleix ESPARGARO /SPA
 Power Electronics Aspar (ART) 316.3
 1'44.041 / 2.746

16) 51 Michele PIRRO /ITA
 San Carlo Honda Gresini (FTR) 313.2
 1'44.356 / 3.061

17) 77 James ELLISON /GBR
 Paul Bird Motorsport (ART) 314.5
 1'44.763 / 3.468

18) 54 Mattia PASINI /ITA
 Speed Master (ART) MasterART 312.7
 1'44.764 / 3.469

19) 68 Yonny HERNANDEZ /COL
 Avintia Blusens (BQR) 312.0
 1'44.833 / 3.538

20) 9 Danilo PETRUCCI /ITA
 Came Ioda Racing Project (IODA) 297.8
 1'45.730 / 4.435

21) 22 Ivan SILVA /SPA
 Avintia Blusens (BQR) 311.9
 1'45.962 / 4.667

気温31℃、路面温度52℃という暑いコンディションの中、ピットインするライダーの消耗した表情が印象的だった。
ポールポジションを奪ったケーシー・ストーナーは、いつもながらタイムアタックしてたのは僅か数周ながら、インタビューに答える姿は1レースを終えた直後の様な疲れ切った表情。
決勝が同様のコンディションになれば、体力のあるライダーが予選以上のリザルトを残すんじゃないだろうか?

縁石が高いらしく、肘を擦るライダーが多かったのと、ブレーキングで激しく振られて減速しきれずコースアウトしてるシーンが多く映し出されてた。

タフなレースが見られそうです。

|

« 2012鈴鹿8耐ヤマハ | トップページ | MotoGP R5カタルニア決勝 »

モトGP」カテゴリの記事

コメント

最後の最後でタイムを出す(^-^)
仕事人ですなあ…

本番は雨の予報
バレの日になると盛り上がるだろーなー

投稿: ぶらっくさいばー | 2012年6月 3日 (日) 04:41

ケーシー、ホルヘのラインナップはかわりませんね。
まだこの二人しか勝ってない?そろそろかき乱し次にウィナーが必要ですね!
ハングリーなテック2の2名、体力ならベンってところですか?

投稿: I岡 | 2012年6月 3日 (日) 09:40

昨日はお忙しいところお邪魔して申し訳有りませんでした~m(_ _)m

これ殆ど転倒してますよね~(^^;
コースの特徴タイヤやサスの高性能化等、いろいろ昔とは違うんでしょうが、やっぱり有り得な~い!

投稿: ALPHIN森 | 2012年6月 3日 (日) 16:41

>ぶらっくさいばーさん
ケーシーのスプリンターぶりはやはり群を抜いてますね!
ただ、長く走らないんじゃなくて長く走れない様にも見えます・・・

>I岡さん
決勝を見終わって、本当にホルヘ以外のヤマハ勢も魅せてくれたレースでした。
ベン・スピーズ、このまま復活してくれるといいんですが。

>親分
とんでもないです。
出前して頂き、ありがとうございました
m(_ _)m

早くNEWチャンバー、乗ってみた~いnote
<野望>
ALPHINさんHPの製品紹介に採用してもらえるぐらい良いインプレ報告が出来る様、頑張ります!

ホントに近年のGPは、コーナリングの次元が違いますね。

投稿: YOHNS | 2012年6月 3日 (日) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012鈴鹿8耐ヤマハ | トップページ | MotoGP R5カタルニア決勝 »