« MotoGP R6イギリス予選 | トップページ | TZMシリンダー抱きつき? »

MotoGP R6イギリス決勝

2012 MOTO GP 第6戦 イギリス
(シルバーストーン)
決勝 リザルト
12r6_lorenzo_storner

順位) ゼッケン ライダー /国籍
 チーム (メーカー)
 レースタイム or トップとのギャップ

1) 99 Jorge LORENZO /SPA
 Yamaha Factory Racing (Yamaha)
 41'16.429

2) 1 Casey STONER /AUS
 Repsol Honda Team (Honda)
 3.313

3) 26 Dani PEDROSA /SPA
 Repsol Honda Team (Honda)
 3.599

4) 19 Alvaro BAUTISTA /SPA
 San Carlo Honda Gresini (Honda)
 5.196

5) 11 Ben SPIES /USA
 Yamaha Factory Racing (Yamaha)
 11.531

6) 35 Cal CRUTCHLOW /GBR
 Monster Yamaha Tech 3 (Yamaha)
 15.112

7) 69 Nicky HAYDEN /USA
 Ducati Team (Ducati)
 15.527

8) 6 Stefan BRADL /GER
 LCR Honda MotoGP (Honda)
 22.521

9) 46 Valentino ROSSI /ITA
 Ducati Team (Ducati)
 36.138

10) 8 Hector BARBERA /SPA
 Pramac Racing Team (Ducati)
 41.328

11) 41 Aleix ESPARGARO /SPA
 Power Electronics Aspar (ART)
 1:03.157

12) 14 Randy DE PUNIET /FRA
 Power Electronics Aspar (ART)
 1:03.443

13) 51 Michele PIRRO /ITA
 San Carlo Honda Gresini (FTR)
 1:07.290

14) 77 James ELLISON /GBR
 Paul Bird Motorsport (ART)
 1:14.782

15) 68 Yonny HERNANDEZ /COL
 Avintia Blusens (BQR)
 1:15.108

16) 5 Colin EDWARDS /USA
 NGM Mobile Forward Racing (Suter)
 1:29.899

17) 9 Danilo PETRUCCI /ITA
 Came Ioda Racing Project (IODA)
 1:40.302

18) 22 Ivan SILVA /SPA
 Avintia Blusens (BQR)
 1:52.099

19) 4 Andrea DOVIZIOSO /ITA
 Monster Yamaha Tech 3 (Yamaha)
 1lap

---DNF---

54 Mattia PASINI /ITA
 Speed Master (ART) MasterART

---DNS---

17 Karel ABRAHAM /CZE
 Cardion AB Motoracing (Ducati)


タイム差以上にロレンソの圧勝に見えた。回り込みの浅いノセノセのコーナーが多いシルバーストーンで、雨も強風も無く、ロレンソ+ヤマハが勝つ条件が揃ってたと思う。
ロレンソがトップに立つまで見届けて眠りに落ちちゃいました・・・
イケメン・バウティスタ、凄い!最後までREPSOLの2人に喰らい付いていけたんだ!

|

« MotoGP R6イギリス予選 | トップページ | TZMシリンダー抱きつき? »

モトGP」カテゴリの記事

コメント

凄いレースでしたsign03coldsweats02

トータルバランスのヤマハ、パワードバイホンダって感じですね。

やっぱイケメンは(バウティスタ)トップ争いが似合いますねlovely

もし、シモンチェリが生きていたら、個性派シュワンツ、イケメンレイニの再来になってたかも(残念)

しかし、今日は眠いwobbly
朝方3:00からってなんなんだよannoy

投稿: 番長 | 2012年6月18日 (月) 14:04

パワードバイホンダ!
まったくです。
直線で抜けるってのは楽でしょうね~

番長はコーナーパッシングのテクを磨く為に、ストレート控え目のバイクに乗ってるんだよね?

投稿: YOHNS | 2012年6月18日 (月) 14:59

アルバロ〜ブラボ〜!って感じですね。125、250時代の輝きを!
ホルヘの横綱レースって感じだったんですね。1000CC、コンピューター制御、ニュータイヤとのトータルバランスでヤマハが半歩リードしてますね。でもホンダがスピード生かしたマシーンを作ってくると苦戦しそうです。アンドレも転けなければいいところだったし、ベン復活のきざさもうれしいです。こんなに1000cc初年度にヤマハの4台が活躍するなんて!
つぎはたしか大好きなアッセン!ミシュランのバレがBSのケーシーを華麗に抜いたDVD、いつみてもホレボレです。

投稿: I岡 | 2012年6月18日 (月) 21:30

ただ単に、マシーンが遅いだけです・・・・・・gawk

後、セッティング出す能力無しかとcoldsweats02

投稿: 番長 | 2012年6月18日 (月) 22:35

>I岡さん
800の時よりペースダウンして、何の為の排気量アップなのか不明ですが、サテライトチームがワークスとマシンに遜色なくバトルしてるのは面白くなった点ですね。
マシンの戦いよりライダーの戦いが見たいです。

アッセン、何かストレートもウネウネにゅるにゅる微妙に曲がり続けてる印象だけあります・・・

>番長
速いバイク造り、難しいし面倒くさいし・・・
でもお金かからない様に自分で出来るとこはしたいし・・・
永遠の課題っすね。

投稿: YOHNS | 2012年6月19日 (火) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MotoGP R6イギリス予選 | トップページ | TZMシリンダー抱きつき? »