« MotoGP R10アメリカ決勝 | トップページ | バレンティーノ・ロッシYAMAHA復帰 »

娘、出国

20120801_mei1narita
愛しの娘様がニュージーランドに旅立ってった。
成田空港にお見送り。

高1、15才の一人旅。
& 3週間のホームステー。
心配なのは山々だが、うらやましいぐらいの最高の経験が待ってるだろう。

英語が得意な訳でも、NZに友人がいる訳でもなんでもない娘に、写真左のデービッド氏が、絶好のチャンスを与えてくれた。
デービッドは、息子が通う在日外国人向けの保育園の先生。
もちろん息子は100%日本製。離婚した元嫁(写真中央)が、経験を積ませる為に行かせてる。
NZの実家で、高校教師であるデービッド母がホームステーを受け入れてる事から、話を持ちかけてくれた。
費用も格安。以前、正月にグアムにたった3・4日、遊びに行った時よりも安い。

この日はサプライズで、こっそりデービット夫妻が成田に登場して見送ってくれた。

思えば俺が初めて長期、親元を離れたのは高3の夏休み。
東京の短大に通う姉貴が、夏休みで実家に戻ってる間、中野の風呂無し、トイレ共用のオンボロアパートを入れ替わりで占拠した。
古い木造2階建の2階の部屋で、薄っぺらいトタン屋根のおかげで、恐ろしく暑かった。
当然、クーラーなんて物は無く、周りにアパートが隣接してても、お構い無しに窓全開で過ごしてたっけ。
アパートから歩いて行ける新宿駅の地下街で、巨体のオカマ?に突然、抱きつかれた恐怖は忘れられない。当時はオカマがどんな種族なのかも知らなかった。
毎日ポンコツのYB50(ビジバイ)で、慣れない大都会を、深夜まで探検しまくってた。
見る物、見る物、新鮮だった。

娘の大冒険は、そんな比じゃない。
特別、観光地でもない南半球の街に、ホームステー先も含めて日本語を話せる人なんていないと断言されたらしい。
まったく不安な素振りも見せず、ワクワクしてる娘には呆れる。
出国ゲートでピョンピョン跳ねながら、両手を振って、あっという間に消えてった。
母と弟はしんみり、涙ぐんで見送ってるのに。

今後の人生を大きく変える宝物を拾って来い!

Curiosity killed the cat.
好奇心はネコを殺す=ネコは好奇心の為に身を滅ぼす。
って英語のことわざがある。
昔、大好きだったイギリスのロックバンドの名前だったんで、意味を知った。
ずいぶんと消極的なことわざだと思った。
きっと言いたいのは逆説なのかな?とも。

Indifference killed the man.
無関心は人をダメにする、と思う。

↑Curiosity Killed The Cat - "Down To Earth"
渋い声と、シンセサイザーの電子音が溢れ出した80年代当時の中で古臭い様な音造りが、むしろ新鮮に感じてた。


関連記事
娘、帰国(ニュージーランド・ホームステイ)

|

« MotoGP R10アメリカ決勝 | トップページ | バレンティーノ・ロッシYAMAHA復帰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

記念日」カテゴリの記事

コメント

娘さんNZ良いなあ~。
雰囲気も良いし、人も良い人達が多いんで全然心配ないっすよ。
NZの人の英語って日本人にはわかりやすいんで帰ってきた頃には英語ペラペラかもw

投稿: ALPHIN森 | 2012年8月 3日 (金) 12:13

青い目の・・彼氏(まだ早いか)連れてきたら・・
どうしましょ(笑)

この時期NZって寒いんですよね?
いいなあ

羨まし

若いって・・

明日は湘南の海です・・・

投稿: ぶらっくさいばー | 2012年8月 3日 (金) 12:32

うらやまし~(・∀・)イイ!

ワタクシ今まででやり残した事(?)って海外に住む事なんですよね~

若い頃に、ワーキングホリデーで行きたかった候補地はオーストラリアとニュージーランド!!

友人は、ワーホリでNZ行ったら気に行っちゃって向こう住んじゃってるし・・・

娘様も向こうに住んじゃったりして・・・
YOHNSさん寂しくなっちゃいますね(・∀・)ニヤニヤ

投稿: えぐっちゃん | 2012年8月 3日 (金) 12:37


NZは冬まっさかりですから、こちらとの気温差で最初は風邪には気をつけないといけませんよね。

人生のおみあげたくさんできて、うらやましですね。若いときは経験が一番ですね。

私も12年前、オックスF郊外にホームSしました。3週間の予定が1週間にネゴらた(・・・会社員だから仕方ないですけど)

投稿: I岡 | 2012年8月 3日 (金) 12:44

皆様書いてますが、本当にうらやましいですね~お知り合いの方の実家なら安心ですし。
若いっていいなあ・・・私も3週間、いや数年くらい行きたいです・・・あっ仕事があるか(^^;
NZで話した人は皆親切で丁寧だったので、15歳の少女でも不安なく過ごせると思いますよ。この経験はきっと娘さんの今後の人生の糧になります!

投稿: ALPHIN飛鳥 | 2012年8月 3日 (金) 14:41

いーなー。

うらやましい〜。


とっても良い経験ですね〜。
人生、いかにたくさんの経験を積むかだと思います。
海外に住まれちゃうのは困りますけどね…。


娘さん、今の陽さんのように30年後、ニュージーランドの事を語るんでしょうね♪


投稿: ランニングマン | 2012年8月 3日 (金) 16:33

>親分
俺もうらやましいです。
3週間でつく英語力はたかが知れてるでしょうけど、英語を話せる様になりたいモチベーションはバリンバリンになって帰ってくるでしょうね。
あちらにメル友でもできれば特に。
地元の高校にも通うらしいし。

>ぶらっくさいばーさん
それは俺自身、楽しみです。
外国人の恋人ってあこがれましたからね~
青い目の彼氏、親父的には全然OK!
俺に腕相撲で勝ったら許したろっ。
湘南、それもうらやましいな…
目の保養はできましたか?

>えぐっちゃん
やはりそんな事、もくろんだ若かりし時がありましたか。
南半球、いいですね。
ワーキングホリデーなんて考えた事もなかった。
羊が人間より多いって聞いたけど本当かな?
ニュージーランドのイメージは、ラグビーのオールブラックスとヨットレース。
バイクの修行にアメリカかオーストラリアでダートトラックをしてみたとは思ってましたが、現実味をもって企んだ事はなかったな。

>I岡さん
しかも最南端の方らしいっす。
寒いだろね。
丈夫だから体の心配はしてませんが。

オックスフォードっすか!
超エリートの響き!?
3週間、いられたら良かったっすね。
ヨーロッパは行った事ないです。
てか、アメリカと東南アジア以外、行った事無い…
個人的には南ヨーロッパにあこがれます。

>飛鳥さん
NZの虜になる人、多いですね。
娘の代わりに行きたいぐらい。
こんなおっさん、受け入れてくれるホームは無いっすね…
自分の知り合いもNZの人々に惹かれて、あちらに別荘、持っちゃってます。
遊び行こうよって言ってくれるんですが…無理だー。
NZは留学生の受け入れが盛んな国だと、最近WIKIで知りました。
高給取りの会社員なら、第二の人生は海外でなんて計画もありですが、自営は定年無しの死ぬまで現役労働者だと覚悟してます。

>ランニングマン
そうっすね!
非日常の経験を積めるチャンスを逃す手は無いです。
特に若い内は、その経験から夢中になれる物をつかめるかもしれないし。
巨体に羽交い絞めにされる経験は、是非避けてきて欲しいと願いますが…
何にかぶれて帰ってくるか、楽しみです。

投稿: YOHNS | 2012年8月 3日 (金) 22:30

先輩お久し振りで御座います。愛娘を一人で海外に行かせる…??当然GPSと心拍数計埋め込んで
チタンのパン〇履かせたんでしょうね? 心配と思いますが完全に自立したいい人になって帰って来るでしょう
娘には成長を望む以上にいつまでも
甘えてもらいたいもんですね。

投稿: john | 2012年8月16日 (木) 10:57

johnさん、どーもっす!

チタンのパン〇か~、思いつかなかった。

何でも猛烈に吸収してく年頃に、いいチャンスだと思ってます。
反抗期らしい反抗期は無いけど、もう甘えてはくれないな…

johnジュニアには何か変わった事でもやらせてますか?

投稿: YOHNS | 2012年8月16日 (木) 14:33

長男(中2)、次男(小6)はアホ猿ですね。剣道、サッカーやってますけどモチベーションないんです。嫁はスパルタ教育なんでテストの点はいいですが…まぁなんにせよ高校卒業したら都会にブチ込んで修行させますよ。大学でも専門学校でもいいですがとにかくなにしたいのか見つけさせます。長女は勉強より性格形成を計画してますよ。

投稿: john | 2012年8月16日 (木) 22:42

johnのヤンチャDNAをどんだけ引き継いでるか?楽しみですね~!
やりたい事をみつけて没頭した我々は幸せもんです。

嫁様は娘にバレーボールやらせたいのでは?
性格形成にもチームスポーツは良さそうだし。
まだまだ先の事か。
小さいうちは思いっきり可愛がってやるのが一番すね!

投稿: YOHNS | 2012年8月17日 (金) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MotoGP R10アメリカ決勝 | トップページ | バレンティーノ・ロッシYAMAHA復帰 »