« MotoGP R6カタルニア予選 | トップページ | NSR50クランク芯振れ計測 »

MotoGP R6カタルニア決勝

2013 MOTO GP 第6戦 カタルニア
(スペイン カタルニアサーキット)
決勝 リザルト
Lorenzo_2013r6_final2
順位) ゼッケン ライダー /国籍
 チーム (メーカー)
 レースタイム / トップとのギャップ

1 99 Jorge LORENZO SPA
Yamaha Factory Racing/YAMAHA
43'06.479

2 26 Dani PEDROSA SPA
Repsol Honda Team/HONDA
43'08.242/1.763

3 93 Marc MARQUEZ SPA
Repsol Honda Team/HONDA
43'08.305/1.826

4 46 Valentino ROSSI ITA
Yamaha Factory Racing/YAMAHA
43'12.353/5.874

6 Stefan BRADL GER
LCR Honda MotoGP/HONDA
43'33.235/26.756

6 38 Bradley SMITH GBR
Monster Yamaha Tech 3/YAMAHA
43'38.707/32.228

4 Andrea DOVIZIOSO ITA
Ducati Team/DUCATI
43'39.171/32.692

8 41 Aleix ESPARGARO SPA
Power Electronics Aspar/ART
44'05.094/58.615

5 Colin EDWARDS USA
NGM Mobile Forward Racing/FTR KAWASAKI
44'09.621/1'03.142

10 51 Michele PIRRO ITA
Ignite Pramac Racing/DUCATI
44'16.253/1'09.774

11 9 Danilo PETRUCCI ITA
Came IodaRacing Project/IODA-SUTER
44'30.856/1'24.377

12 71 Claudio CORTI ITA
NGM Mobile Forward Racing/FTR KAWASAKI
44'40.158/1'33.679

13 68 Yonny HERNANDEZ COL
Paul Bird Motorsport/ART
44'51.834/1'45.355

14 67 Bryan STARING AUS
Go & Fun Honda Gresini/FTR-HONDA
44'57.224/1'50.745

15 77 Javier DEL AMOR SPA
Avintia Blusens/FTR
44'49.011/1Lap

16 52 Lukas PESEK CZE
Came IodaRacing Project/IODA-SUTER
44'53.698/1Lap


DNF

8 Hector BARBERA SPA
Avintia Blusens/FTR
10Laps

17 Karel ABRAHAM CZE
Cardion AB Motoracing/ART
15Laps

35 Cal CRUTCHLOW GBR
Monster Yamaha Tech 3/YAMAHA
20Laps

69 Nicky HAYDEN USA
Ducati Team/DUCATI
20Laps

29 Andrea IANNONE ITA
Energy T.I. Pramac Racing/DUCATI
21Laps

14 Randy DE PUNIET FRA
Power Electronics Aspar/ART
24Laps

19 Alvaro BAUTISTA SPA
Go & Fun Honda Gresini/HONDA
Not finished first lap

70 Michael LAVERTY GBR
Paul Bird Motorsport/PBM
Not finished first lap


前戦R5イタリア,ムジェロに似たTOP3の展開。
ホルヘ・ロレンソがスタート直後からトップに立ち、ダニ・ペドロサとマルク・マルケスが追う。
後半、ジワジワとロレンソが後続を引き離しての優勝。
マルケスは、今回はしっかり走り切り、ペドロサにほんの僅かに届かずの3位フィニッシュ。

バレンティーノ・ロッシは前半でトップグループから離されてしまったが、LAST10周は単独走行ながら、2位グループとまったく同じペースで走りきっていた。

それにしてもアルバロ・バウティスタの序盤は危険過ぎる・・・
オープニングラップで転倒してたが、危うく前戦ムジェロ同様にロッシを巻き込むところだった。
去年はロレンソを巻き込んでたし・・・

ちょっと気になるのが最高速。
REPSOL HONDAやDUCATIが、決勝に較べて予選で最高速が伸びてる事が最近多い。
今回の予選でのペドロサのスーパーラップといい、燃費を気にしなくていい予選で、よりパワーを出すスペシャルマップをYAMAHA以外は活用してるのか?
ライダーやチームの取り組み方による所が大きいのかも知れないが、YAMAHA勢は極端にラップタイムにこだわらずに、決勝のレースディスタンスでのペースアップにより集中してる様に見える。

|

« MotoGP R6カタルニア予選 | トップページ | NSR50クランク芯振れ計測 »

モトGP」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。やりましたねホルへ!。コース終盤、高速の右右でダニの視界(カメラ)から小さくなってたんで、こりゃ速えぞぉ、とか思ってたらやっぱりでした。路面温度が上がってもYAMAHAはタイヤをキチンと作動させて来ましたね。決勝のストレートでダニは一度ピット側にラインを変えてましたよね?。カタルーニャのストレートは上ってるので、距離は長くなるけど坂が緩やかになる分、スピードの乗りを期待してたのかなぁ?って思いました。予選でマッピング変えるのってどこもやりそうですけど、YAMAHA、いやホルへは決勝のアベレージに極端に拘ってるんでしょうね。今回コーリンが調子良くて、アレイシを視界に入れたままチェッカー受けてました!。次戦はコーリンに期待します。あっ!、SUZUKIがダニにオファーしたらしいですよ♪。

投稿: カルロス | 2013年6月17日 (月) 12:27

結果だけみれば貫禄勝ちって感じですね、ホルヘ!
しかし、ダニが前に出てたら・・・って感じですが、その時間に一番マッチしたのがホルヘだったんでしょうね!移動中だったのでタイム表をずっとチェックしてましたが、ラスト5週?ラスト7週目くらいから引き離しにかかった感じでした(早すぎ?っておもいましたが)。バレは最後のセッテイングが勝負できるほど詰らないのでしょうか?アッセンではがんばってね!
マルケはさすがです。スタートの良さも抜群!
カル、ここへきてやっちゃった・・・隠れ対決、スミス対アンドレもタイムをみててしびれました!
(訂正)スズキ・・・インライン4じゃなくて水冷並列4の音だそうです!

投稿: I岡 | 2013年6月17日 (月) 18:53

深夜2時近くのテレビ観戦は、朝起きるのが
正直つら~い(*_*)

いや~YAMAHA強いっすね!!

でも、一発の中に魅せるライダーが存在しないのが
寂しく感じますね。

YouTubeの85年ベルギーのスパフランコルシャン
見て下さい。

フレディ~のラスルース(最終コーナー)を250での直ドリの立ち上がりは、圧巻ですよ。

矢張、CP制御といったウエポンにより、マシーン任せの走りになってしまい、ライダーの魅力が半減している様な…

ケーシカンバ~ックm(__)m

投稿: 番長 | 2013年6月18日 (火) 00:29

>カルロスさん
ロレンソ、強かったですねー!
あの暑さで最後までタレないのが流石です。

ロングストレートで次のコーナーアプローチと反対側にラインを振るのは近年の流行ですね。
ロレンソはあまり振りませんが。
ハードブレーキングではバイクを直立させるのが常識でしたが、近年はちょっとRをつけたラインでほんの僅かに傾けてブレーキングする事で、リアの荷重が抜けても外側にしかケツが振れないようにコントロールしてるんだと思います。
ハードブレーキングで、リアがホッピングして右に左にケツが躍り出してカットインのタイミングを外してしまうエラーを対策する走法なのかと。

Moto2が始まった頃、そのラインでみんなで減速スライドさせ出したのを見た時は驚きました。
MotoGPに上がってからは解りませんが、Moto2ではイアンノーネが一番顕著に、短めの直線でもその蛇行走法をやってました。

ちなみに、コース幅10m程のラインを振るのに、100mかけて振れば50cm、200mかけて振れば25cmしか走行距離は増えません。
ストレート正面からの中継画像を見ると、えらく遠回りしてる様にも見えちゃいますが。

投稿: YOHNS | 2013年6月18日 (火) 01:37

>I岡さん
ロレンソはシーズン前半でリードしときたいでしょうね。
後半はどうもYAMAHAが苦手なサーキットが増えますから…
マルケスはスタミナもまったく問題無しですねー
見れば見るほど凄いライダーだ!
スミス、根性ありますね。

SUZUKIは2015デビューなの??
ちょっと拍子抜けです。
開発の問題なのか、政治的問題なのか?

投稿: YOHNS | 2013年6月18日 (火) 01:46

>番長
昨日はGP観戦で遅くなり、更にコウモリの自宅進入で夜中の格闘があり・・・
体内時計が壊れました…

やっぱ、80年代の豪傑を見て育った我々世代には、制御のセッティングに翻弄されてる様な戦いは、物足りなさを感じますね。

ケーシーが笑って見てるかもね…

どれどれ、フレディーのスパ、お休み前にチェックしときましょー。

投稿: YOHNS | 2013年6月18日 (火) 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MotoGP R6カタルニア予選 | トップページ | NSR50クランク芯振れ計測 »