カテゴリー「ラップタイム トミン」の11件の記事

GPSラップタイマーQSTARZ

先日、GPSラップロガー:QSTARZ Lap Timer LT-Q6000を導入した。
Qstarz_gps_lap_logger_w84

このロガー、精度がまともなセッションでは、磁気センサーでの計測タイムとの誤差は±0.1秒ってとこだが、精度がまともじゃない時も度々あって、1秒以上狂う事もある。
飛び抜けたタイムは無視して、平均的なところで調子を判断してればいいが、ベストラップでその日の出来を判断してしまうとだまされかねない。
まだ何かコツや設定を理解できて無いだけかも知れないが・・・
何か知ってる方がいらっしゃたら是非、教えて下さいm(_._)m

続きを読む "GPSラップタイマーQSTARZ"

| | コメント (7)

シリンダー慣らし

TZM50Rのエンジンがイマイチ。
回転数は良~く回るが、どうにもトルクが無く、レスポンスもとろい。
こないだ、エアスクリューの奥に詰まった小石を取り除いた事で、解決するかと期待してたが、NG。
不調って程じゃないが・・・

で昨日、トミンBコースを走ってもベストの0.5秒落ちの28"1が精一杯。
夏にほとんど走らなかったせいで、人間が衰えちゃったか?とブルーになってきてた。

で、今日は朝からエンジン腰上をバラしてたら、シリンダーの吸気側に爪がひっかかる程の縦キズ2本を発見!

121213_tzm50r_w80
スペアの新品シリンダー・ピストン・リングを組んで、午後から慣らしに連日のトミンBに行ってきた。
キャブセッティングはメインジェットを2段階、スロージェットを1段階大きくして、エンジンオイルは混合比を濃い目にし(JX Racing Spec Pro 2T/40:1)、外してたスパークプラグのガスケットを戻して、エンジンに負担をかけないセッティング。

続きを読む "シリンダー慣らし"

| | コメント (4)

1ヶ月ぶり練習走行

1104_tzr125_w72
地震前の3/8以来の練習走行。

トミンのAコースは貸切の予定日だったんで、この休みは寝坊→チョロっと仕事→家の掃除の計画だった。つまらない休みを覚悟してたが、前日、ひらっちから「貸切中止!」のTELが!
一気にテンションUPupwardright
でも体調がイマイチdownwardright
地味な風邪をひきずってる。

続きを読む "1ヶ月ぶり練習走行"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トミンAコース 練習走行

昨日の練習走行では、ちょっとギャンブルをしてみた。

110126_tzr125_w66

リアタイヤにブリジストンBT-45の、なんとフロント用タイヤを試してみた。
しかもこれ、ツーリング向けのモデル。
なぜこれに至ったかや、インプレッションは後日、写真が整理できてからアップします。
結果は好感触で、自己ベストの0.05秒落ちのタイム(27秒69)まで詰まった。

昨年11月に自己ベストを出してからは、転倒癖が出たり、エンジンが不調になったりでタイムを落としてしまっていたが、今年になってからジワジワ復調中!
色んな不調の要因が解決してきたが、フロントブレーキの引きずりだけは悪化傾向・・・
昨日の練習では絶対に自己ベストを更新してやるって意気込んでたが僅かに届かなかった・・・残念happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トミン 旧Bコースのご紹介

トミンモーターランド、Bコース(トミン入り口を入ってすぐ左手に位置するミニバイク専用コース)は初心者からエキスパートライダーまでライディングテクニックを磨くのに大変オススメです。Bは左回りなので、右回りのAコースと併せて練習していけば、バランスよく左右のコーナリングテクニックを磨けるし、タイヤの有効利用も出来ます!

教習所跡地を利用したテクニカルコースで、連続&複合したコーナーはバイクを操る上での色んな要素がギュっと詰まった感じ。自分は20代の頃、300m位のミニチュアコースから、鈴鹿の様なロードコースまで、30弱のサーキットを走ってきました。その半分ぐらいはTZM50Rの開発テストやプロモーションの為に、又はあんまり楽しくないと言う理由で1・2度行ったきりですが。そんな中でもこのトミンBコースのレイアウトはちょっと特殊に感じます。

トミンサーキット元来の旧Bコースと呼ばれるコースレイアウトと、今年から始まった仕切りを置き換えてS字の切り返しが増える新Bコースと呼ばれるコースレイアウトに時々チェンジします。まだ旧Bコースを2回しか走った事が無い(新Bは未体験)ので、全然自分なりの攻略は出来てないのですが、とにかくグリグリ切り返し大連発で楽しいんです。スピードがのるホームストレートから、いきなり浅い連続S字に飛び込む感覚とか、最終コーナーアプローチでの切り返しながらハードブレーキングとか、なかなかお目にかかれないセットメニューです。何周しても納得してクリアできない奥深さを思い知らされました。

Tomin_b_course_w72

上図のグリーンが新Bコース、途中からイエローの方に進むのが旧Bコースです。
通常練習走行の車輌規定は2スト:80ccまで、4スト:125ccまで。
4ストはCBR150が増えてきたら150ccまでになるかも??
自分はTZR125なので、通常NGですが、インストラクターだけしか走ってなかったスタッフデー状態の平日に、お許しを得て体験させて頂きました。
Aコースを走ってて、横目に見てたBコースの印象は、タイトで旋回性命!あまりマシンのパワー差は出にくい12インチ車天国かと思ってました。が、旧レイアウトを実際走ってみた感想はちょっと違いました。
カント(バンク)のついてない舗装と、バンプ(路面の凹凸)で、見た目以上にコーナリングスピードをのせにくい箇所があり、その極低速に落ちて立ち上がり性能が要求される所ほど、その後に丁度長めのストレートがあるので、トルクや排気量の差がまともにタイムに響きそうです。

ここの50ccクラスの主、番長FUKUDA氏のSP12(NSR50)のレコードタイムが27"3。
自分がTZR125で27"09。
ここだと50に対するマシン的アドバンテージは1~1.5秒ぐらいはありそうなので、まだまだま~だです。

ガレージに眠っている不動車状態のTZM50Rを整備して、是非、走り込みたいと感じるコースです。

101013_yohns_ob125a_w72
↑1コーナー進入
高速で飛び込んで、直後に快感の連発切り返しが待ってます。

101013_yohns_ob125d_w48
↑4コーナー
低速から裏ストレートに繋がる部分で、125ではハイサイドいらっしゃいコーナーですが、直後のアウトにはらむ部分にエスケープゾーンが皆無の為、はやる気持ちを抑え十分マージンをとって走ります。

101013_yohns_ob125_w72
↑5コーナー入り口
ここで最もハードブレーキングからのクイックな旋回が要求されます。

101013_yohns_ob125g_w72
↑6・7コーナー間
125では6・7コーナーは1つの複合コーナー です。

101013_yohns_ob125h2_w72
↑8(最終)コーナー立ち上がり
バンピー(BOKOBOKO)です。リアタイヤがズルズル逃げるので、前こそ向いてますが、ほぼ全神経をリアのトラクション感覚に注いで立ち上がります。
ちなみに自分は、ラインを正確にトレースしようと意識している箇所ほど、無意識に頭の位置が高く、角度が景色に対して垂直に近くなり、グリップ感を意識する箇所ほど、マシンと一体化してバンク角に近い頭の角度になります。昔からのクセ。

101013_yohns_ob125i_w72
↑9コーナー
125のスピードでもコーナリングアクション不要のほぼストレート。
50で走ったら、いかに余計な力を入れずストレートスピードを伸ばすようにクリアするかが重要なコーナーでしょう。

撮影:ぜ~んぶヒラッチ(カメラワーク上手すぎです!)


参考

トミンモーターランドのご紹介 (A/Bコース ラップタイム等)

トミンモーターランド Aコース図

トミンモーターランド 新・旧Bコース図

トミン A/新旧Bコース用ライディングノートのダウンロード

ライディングノート 記入例

トミンモーターランド オフィシャルサイト

| | コメント (12) | トラックバック (0)

トミン初走行(1年前)

なつかしい写真が出てきた。

丁度1年前、初めてトミンサーキットを走った時に、自分をここに誘い込んだウェイクボード仲間のエビちゃんが撮ってくれた写真。誘い込んだ本人は未だにトミンデビューしてませんが・・・あれこれマシン造りはしてる様です。

この2週間位前に、エビちゃんと霞ヶ浦でウェイクボードをした後、そのまま連行されてここに見学に来た。13年間バイク離れしてすっかり眠っていたバイク魂が奮い起こされた。

速攻でTZR125をヤフオク購入して、保安部品を外せるだけ外して持ち込んだ。
ヤマハのテストライダーを辞めた時、こっそり先輩が持たせてくれた当時の革つなぎ(レーシングスーツ)はまだジャストフィットだった。13年間バッグに詰め込んだままノーメンテなのに、しなやかさを保っていたのには驚いた。クシタニ様々だ。
自分でも呆れた事にヘルメットを忘れて、当時、トミン管理人だったフジタさんに頼み込んだら、初対面のおバカさんに快くカート用の視界の狭~いヘルメットを貸してくれた。

1689x_w54

続きを読む "トミン初走行(1年前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミン旧BコースNEWレコード

本日、トミンモーターランド旧Bコースの50ccクラス、コースレコードが大幅に更新されたとの報告が入りました!

ラップタイム:27秒41 !!

ライダーは50ccクラスでトミンの3コース全てでレコードホルダーの番長、福田くん。
見に行けなくて残念ですが、いつもの魂のライディングが炸裂していた事でしょう!
コーナーの立ち上がりを見てるだけでもドキがムネムネするライダーです。

自分が125でここを走り出して間もなく、Aコースの1コーナーで何気なくNSR50をパスしていったら、最終コーナーの立ち上がりで、後から自分よりも先にアクセルが開く加速音がして、ビビった事があった。インフィールドで完璧にTZR125に追いついてきたんだ!とんでもねぇ~!
後から聞いた話、番長いわく、「こいつブッ○○すpout」と念じて追っかけて来たそうです・・・
仲良くなっといたお陰で、今んとこ○○されてません。
それが彼との出会いでした。自分が50ccミニバイクで走っていた遠い昔にも一緒に走ってたらしいのですが、昔過ぎて小容量のメモリーからは削除されてます・・・

まさに番長!飲んだ時のトークの独走ぶりもブッチギリ番長です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自己ベスト更新!27"714

9/29(水)、2週間ぶりにトミンサーキットAコースに走りに行った。

すでに700ラップ近く走ったフロントスリックタイヤを替えようか替えまいか......bearing
買い置き済みのタイヤをトランポに突っ込み、現地の雰囲気で決める事に。
 (優柔不断)
現地の雰囲気っていうは、アタックしたくなるライダーがいるかいないか。
いなければ、初めて装着したこのスリックが、いったい何ラップ走ったらグリップダウンしてくるのか、どんな弱音のはきかたをするのかを体感しておきたかった。

フロントにプロダクションレースタイヤのBT39SSを使ってた時は、150ラップぐらい(1日平均120ラップぐらい走る)でサイドがザクザクに荒れてパフォーマンスダウンしてた。そうそう替えてられないんで、400~500ラップまでは使うが。
そこそこ安いタイヤとはいえ、たった練習4日分。自分の乗り方と、コースレイアウトの相乗効果で、フロントは酷使するが、それにしても・・・
その点、今履いているスリックは700ラップでも何事も起きない。使い切れて無いって事でもある。このタイヤレポートはまたどこかで。もう少し乗りこなせてから。

ちなみに、リアのBT39SSはフロントの2倍ぐらいもつ。単純にTZR125のミニコース走行用としてはコンパウンドが硬すぎるけど、時代遅れのリア18インチに、タイヤの銘柄を選べる程ラインナップは無い。DUNLOPのTT900GPを一度だけ試してみた事があるが、同じR100/90-18TLサイズながら8mmぐらい幅広で、フルバンクさせるとやたらチャタリングが出るのでNG。

で、結局、フロントは替えずに走ろうと決めて準備した矢先に、国際A級ライダー2人組み登場!タイヤ替えとくんだった・・・

1人は昨年まで全日本GP125で大活躍の柳沢くん。
最近NSR50でトミン特訓中。早く全日本に復活して欲しい。応援したくなる人柄です。こないだ、トミン飲み会で飯をご一緒したら、なんと筑波サーキットのオフィシャルアルバイトの後輩だった事が判明。サスの使い方とか、自分とだいぶ違う着眼点と感性でマシンを観察してる話が興味深かった。
Yana_100929

もう1人はそのチームメイトの超イケメン系ライダーで、何とモリワキコンプリートのGP MONOを持ち込んで来た。興味深々!ところがファイナルがもてぎ本コース仕様だそうで、走り出すとモヘってました。
Gp_mono_100929b

結局、彼↑にパッシングを仕掛けた無理矢理ラインのラップに自己ベスト更新!
ファイナル合わされたら手も足も出ない相手ですが。
追い抜き後も27秒8~27秒9で走れた。

アドレナリンはバイクを軽くするのか??
無理矢理ラインが実はベストラインなのか???

違う。。。

つまり日頃の攻めが足りん!!!!!!って事だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライディングノートのダウンロード

トミンモーターランド用のライディングノート(チェックシート)用紙です。
サーキット練習走行で効率的に上達するための、ラップタイムやマシンセッティング、走行ライン取り等を記録する為の用紙です。
ダウンロードして、ご自由にお使い下さい。


TOMIN RIDING NOTE Aコース/ EXCELファイル カスタマイズ用

TOMIN RIDING NOTE Aコース/ PDFファイル プリントアウト用
イメージ↓
Tomin_riding_note_a_pdf


TOMIN RIDING NOTE 新旧Bコース/ EXCELファイル カスタマイズ用

TOMIN RIDING NOTE 新旧Bコース/ PDFファイル プリントアウト用
イメージ↓
101211_tomin_riding_note_b_


参考

トミンモーターランドのご紹介 (A/Bコース ラップタイム等)

トミンモーターランド Aコース図

トミンモーターランド 旧Bコースのご紹介

トミンモーターランド 新・旧Bコース図

ライディングノート 記入例

トミンモーターランド オフィシャルサイト

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ライディングノート

自分はサーキットを走行する時、必ずライディングノートを書いています。↓
100923_tomin_riding_note_1_w84_2
その日のマシン仕様・セッティング、気象条件、ラップタイムはもちろん、コース図に走行ライン、シフト・アクセル・ブレーキングポイントなどをチェックしていきます。
事前に意識しているライディングのトライ項目やマシンセッティングが、ラップタイムやタイヤの消耗度などにどう反映されていくかを記録します。

誰もが頭の中ではしている事でしょうけど、記録に残す事で、次への課題が明確になったり、改善のアイディアが浮かんできたりする助けとなります。セッティングの迷路に入り込んだ時に、調子の良かった時の状態にリセットするのにも役立ちます。
何より考えながら走る習慣がつきます。

近々、この用紙を誰でもネットからプリントアウト出来る様に、PDFファイルをアップしておきます。またマシンや人それぞれの意識している視点により、チェックしたい項目も変わってくると思うので、カスタマイズできる様にEXCELファイルのデータも同時にアップしておきます。
ご自由にお使い下さい。

速くなる為に最も重要なのは、気合い(アドレナリン)と練習量だと思ってますが、改善していく為の理論やデータ(頭)や、集中力を高いレベルで維持する為の筋力や持久力(体)も、とっても大切です。

↓記入例
Ridingnote10x
携帯からでは字が読めません。PCから画像をクリックすれば多分読めます。
(字が汚くて読めないか??)

先日、自己ベストを更新した時に、最も意識していた、最終コーナーのライン取りを記録した物です。1ヶ月程前に、トミン管理人のヒラッチさんに「最終コーナーだけであと0.5秒詰まるね!」とアドバイスされ、ここのところ、色々トライしてました。
短的に言えば、アクセルを開けるポイントを、位置的に手前にする為の旧ライン(青)と、時間的に早める為の新ライン(赤)の比較です。◎がアクセルを開け始めるポイントです。
この用紙が、誰かの練習のお役に立てれば幸いです。

ライディングノートのダウンロード


参考

トミンモーターランドのご紹介 (A/Bコース ラップタイム等)

トミンモーターランド Aコース図

トミンモーターランド 旧Bコースのご紹介

トミンモーターランド 新・旧Bコース図

トミン A/新旧Bコース用ライディングノートのダウンロード

トミンモーターランド オフィシャルサイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧